どんな部屋で一番健康な毎日は2時間に2時間、下痢に効く薬湿度40 % - サプリメントは5大栄養素とは糖質(炭水化物)、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルを指します

サプリメントとは、人体に与えられる物質という意味で食品以外にも用いられて、栄養補助食品、健康補助食品とも呼ばれる。製法からの分類 化学合成サプリメント、天然素材を利用し化学合成したサプリメント。

どんな部屋で一番健康な毎日は2時間に2時間、下痢に効く薬湿度40 %

2016-03-28

p〉〈時は室温<>:にじゅう℃
研究によって、一定の室温は健康に重要な意義があることを発見します.北京中医薬大学養生学部教授张湖德は記者に教えて、にじゅう℃ぐらいの室温が一番.この温度は体に余分な熱量があります、室温が25℃を超えて、人体は外から外界から吸収する熱量を吸収して、熱い感じがあります.もし室温35℃を上回って、人体の汗腺から起動を通じて、体内の熱量を配って汗が出て、動悸が速く、血液循環を加速させ、のぼせて頭がくらくらする、疲労などの不快な感じ.逆に、温度は8℃~18℃時、人は外で放熱;室温が4℃以下で、寒さを感じる.

と同時に、20℃もベスト睡眠温度.室温は24℃以上で睡眠が淺、睡眠中の体動作と目覚め回数(目覚めと寝返りの回数)が増える.睡眠温度は18℃以下で、深く睡眠に入りにくいです.

P北は冬季暖房期に入り、室内は暖かいと同時に乾燥している.日本名古屋大学健康環境医学科の研究は、インフルエンザの多くは空気と湿度が低いと密接な関係があると発見、日本の名古屋大学健康環境医学部の研究が.国家室内車内環境や室内の環境製品品質監督検査センター主任の宋広生は、室内の空気の湿度が40%を下回った時、ほこり、細菌など粘膜刺激に付着しやすい、のどを引き起こし、咳をして、同時に気管支炎を誘発しやすい、喘息などの呼吸う係疾患.

でも、湿度があまりにも健康によくない、人々は吐き気、食欲不振、いらだたしい、疲労、めまいなどがあるかもしれない.ニュージーランドオタゴ大学研究で発見、湿っぽく黴の部屋に住むと、ぜんそくや湿疹などのアレルギー疾患のリスクが増加します.高湿度環境にカビなども繁殖しやすい.

p>と<宋広生によって、我が国の室内空気標準、夏室内の湿度は40~80%を目安にして、冬は30~60 %コントロールすべき.老人と子供が適した室内湿度は45~50 %と、ぜんそくなど呼吸システム疾病疾患患者が適した室内湿度は40~50~50~50~50~50 %.私の国の南方地区の夏の雨の日の湿気は重く、窓の時間の時間を減らします;天気が晴れた時、多く窓を開けて換気、散湿;たんす、戸棚の中にいくつか吸湿箱あるいは乾燥剤を入れます.北方地区は冬季空気乾燥、使用可能な加湿器、室内で水または毎日2度と2度の.注意を必要とするのは、加湿器を使用するには純粋な水、しかも定期的に機械に消毒して消毒しなければならない.

p〉〈時は> <通風:毎日保証半

の生活の中で、室内は四六時中発生ガス」:台所、トイレ、ごみの桶の中のごみ、一晩が空気汚染;長期の不潔なカーペット、干した布団枕、極繁殖ダニ;本棚や家具上部のほこりの山」

☟ed药